消化器外科

消化器外科とは

消化器外科では、上部消化管(食道、胃など)、肝・胆道・膵、下部消化管(小腸、大腸など)の外科的治療を行っています。
扱っている疾患の多くは悪性腫瘍であり、それぞれの進行度に合わせて拡大手術から内視鏡を用いた手術を行うとともに癌の根治性を高めるために術前・術後補助化学療法の併用も積極的に取り入れています。

消化器外科での主な対象疾患

腫瘍

食道癌、胃癌、胃腺腫、胃粘膜下腫瘍、十二指腸腫瘍(腺腫、癌、粘膜下腫瘍)、小腸腫瘍、大腸癌、大腸腺腫、肝悪性腫瘍(肝細胞癌、肝内胆管癌、転移性肝癌)、胆道癌、膵癌、膵嚢胞性腫瘍、膵内分泌腫瘍

良性・炎症性疾患

食道アカラジア、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、胃潰瘍、肝嚢胞、胆石症、急性胆道炎、急性膵炎、慢性膵炎、膵石症、膵仮性嚢胞、潰瘍性大腸炎、クローン病、直腸脱、排便機能障害、腸閉塞、鼠経ヘルニア、臍ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、急性腹症(虫垂炎、消化管穿孔など)

先天性疾患

先天性総胆管拡張症、膵管癒合不全(分離膵)

次のような症状を扱っております

  • 食べ物を飲み込みにくい
  • 胸やけがする
  • 嘔気、嘔吐 がある
  • コーヒーの残渣様のものまたは新鮮な血を吐いたとき
  • お腹が痛みだした
  • お腹が張った感じが続く
  • 便に血がまじる または黒い便がでる
  • 下痢がつづく
  • 突然便通が不規則になった
  • また便通がなく不快感を感じる
  • これといった理由がないのに体重が減った
  • 皮ふや眼が黄色くなったり、尿が茶色になったと感じる
  • 鼡径部の膨隆、腹部腫瘤
  • 健康診断で胃腸の異常や便鮮血陽性を指摘された

消化器外科の主な検査内容

  • 上部消化管X線造影検査…食道がん、胃がん、胃・十二指腸潰瘍の診断に有用です。
  • 上部消化管内視鏡検査…病変の大きさや出血の有無がわかり、確定診断に役立ちます。
  • 経鼻内視鏡検査…鼻からスコープを挿入し、食道、胃、十二指腸を調べます。
  • CEA…主に胃がん、大腸がんがある場合に、高い数値を示す腫瘍マーカーです。
  • ピロリ菌検査…ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍、胃がんの原因になるといわれています。
  • ガストリン…ゾリンジャー・エリソン症候群を診断する際に必ず行なわれます。
  • ペプシノーゲン…胃粘膜の萎縮の広がり、胃液の分泌機能などが分かります。
  • 便潜血反応…採取した便に試薬を混ぜ、その変化で血液の混入判定を行ないま
  • 注腸X線検査…大腸がんのほか、クローン病、潰瘍性大腸炎などが診断できます。
  • 大腸内視鏡検査…肛門から内視鏡を挿入し、大腸の病変を直接観察します。
  • 直腸診…患者様の肛門に医師が指を挿入して、肛門や直腸下部の病変を探ります。
  • 直腸鏡検査…筒状の鋼製鏡を肛門から挿入し、直腸内を直接観察します。
  • 肛門鏡検査…痔核の程度や痔ろう、裂肛、ポリープなどがないかを調べます。

佐久間 洋一 (さくま よういち)

略歴

  • 昭和60年 弘前大学卒
    以降31年間千葉大学第二外科(現先端応用外科)関連施設で急性期診療にあたった。
  • 平成28年4月 柏戸病院勤務

専門分野

  • 食道、胃、大腸癌の早期発見・治療
  • 潰瘍性大腸炎、クローン病等炎症性陽疾患の診断治療
  • 逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍の診断治療

資格・所属学会等

  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本臨床外科医学会
  • 日本内科学会